ホワイトニング 化粧品

ホワイトニング化粧品star

ホワイトニング化粧品を使う前に。どうしてシミはできるの?

エイジングによる肌トラブルの中でも、日本人女性が最も気にするといわれているのが顔にできる「シミ」です。

 

シミは簡単に言ってしまうとメラニン色素がお肌にたまってしまっている状態になります。

 

ではなぜメラニン色素がお肌にたまってしまうのかというと、
ターンオーバーの遅れ
メラノサイトの活性化
この二つが大きな原因だと考えられます。

 

ターンオーバーの遅れというのは
通常だとメラニンが作られたとしても、約28日かけてターンオーバーにより
お肌の一番表面まで押し上げられて、最後には剥がれ落ちていきます。

 

28日でお肌が生まれ変わっている状態の時は、特にホワイトニング化粧品に頼らなくても
ターンオーバーがメラニンを消せるわけですが、
加齢とともに、このターンオーバーが28日ではなく
もっと時間がかかってしまうようになります。

 

そうすると、肌の上にメラニンがいる状態が長引きますので
シミとして認識されるようになってしまいます。

 

 

もう一つのメラノサイトの活性化ですが、こちらが特に厄介なんですね。

 

30代から40代になると、メラニンを作る工場であるメラノサイトが
なぜかシステムエラーを起こして暴走をしやすくなってしまいます。

 

この暴走を起こすと、メラノサイトはメラニンを作り続けてしまい
どんどんシミの原因を増やしていってしまうんです。

 

こうなるとホワイトニング化粧品のホワイトニング成分に頼らざるを得なくなってきます。

 

自力ではメラニンが多量に作られているのに、体から排出できない
という状態になっているわけです。

 

30代になってくると急にシミが増えてきたり
シミが濃くなり、気になってくるというのは
こういった原因があったんですね。

 

 

できるだけ紫外線を浴びないようにすることが一番なので
UVケアは欠かさないでいただきたいですが、
紫外線のダメージは蓄積されていくものなので
どうしてもシミとしてお肌に現れてくる可能性が高いといえます。

 

10代や20代のころからしっかりと気にしていられればいいですが
遊びたいお年頃なので、うっかり日焼けをしてしまったり
シミとは無縁なのでケアを怠ったりしてしまいますよね(;^ω^)

 

ホワイトニング化粧品を使ってケアをするのは
できるだけ早いうちが好ましいのは確かですが、
30代を過ぎ40代になったらもう遅いかというとそんなことはありません!

 

40代50代になっても、ホワイトニング化粧品で
しっかりし実のケアをしていけば、シミは薄くすることが可能なので
ぜひ諦めることなく丁寧にケアをしていきましょう!!


ホーム RSS購読